オオノコソ

大乃己所神社

織田信長の「回縁の変」にて社殿・社屋共に焼かれた大乃己所神社

業種
神社

このページの情報は、2017年03月05日の時点のものです。

TEL:070-5332-0139

〒514-0113 三重県津市一身田大古曽1739

大乃己所神社のメイン画像
  • 大乃己所神社のメイン画像1のサムネイル

  • 大乃己所神社のメイン画像2のサムネイル

  • 大乃己所神社のメイン画像3のサムネイル

  • 大乃己所神社のメイン画像4のサムネイル

桜の名所を目指して

桜を見に、ぜひ来てください。

創立の時期は不詳であるが天慶以前の創立と考えられている。

伊勢國奄藝郡の猟人が山に入って鬼を退治し、その鬼の捕へていた女を妻として児を生んだ。ところが、母子ともに姿を隠して行方不明となってしまった。その後猟人が大和國三輪社に詣でて再会を所ったとき、神殿忽ち開扉して母子ともに殿内にあり、猟人妻子みな化して神となった。『袖中抄』『童蒙抄』そこでその神祭は奄藝郡の人が執行する事になつたと言う。このような由緒によつて、三輪の明神すなはち大物主神を創祀したのが当神社である。
1本の河津桜が咲き始めています。
桜の名所を目指して20数年前に桜を植樹しました。桜の満開時期に見に来て下さい。
 
ページの先頭に戻る