巡る

オニガジョウ

鬼ヶ城

熊野市

巡る

自然・景観

熊野灘が一望できる鬼の見晴台!鬼ヶ城

2004年7月7日「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として
ユネスコの世界遺産に登録された鬼ヶ城は、伊勢志摩から始まるリアス式海岸の南端に位置し
熊野灘の荒波に削られた大小の海蝕洞が約1.2km続く凝灰岩の大岸壁です。

高さ2~4mの崖は階段上になっており、数回にわたる急激な地盤の隆起のあとが見られます。
波蝕洞の入口はどれも鷹のクチバシように先端が尖り、天井部分には蜂の巣状の風蝕跡が見られ
床面は板のように平らかな棚となっています。中でも東口にある千畳敷は上下2段の大きな岩窟で
鬼ヶ城のいちばんの見所です。 古くは「鬼岩屋(おにのいわや)」と呼ばれていましたが、
有馬氏が山頂に城を築いたのちに現在の名称である「鬼ヶ城」と親しまれています。

鬼ヶ城センターより、海岸線の遊歩道を歩いて鬼ヶ城西口までの道のりは片道約40分。
熊野の自然が造り上げた彫刻美をぜひご覧ください。


※下記の鬼ヶ城センター様のホームページより文章を掲載させていただきました。
 http://onigajyo.mie.jp/index.html

基本情報

住所 三重県熊野市木本町 
URL http://onigajyo.jp/

アクセスマップ

Pickup

  • 自慢のペット特集!
  • マリーナ河芸
  • 寺内町おすすめマップ
  • 三重をドライブ
  • みえけんなび掲載店、和食ランチ
  • 三重のランチ
TOPへ戻る