施術のご案内

7件中 1 ~7 件を表示

☆医療機器のご案内

患者さまの状態や症状にあわせて、以下の医療機器を選択しております。

骨格矯正

悪い姿勢や生活習慣のクセなどによって発生した背骨のゆがみをとる事で、全身の状態を良くします。

テーピング療法

痛みを軽減させたり、痛んでいる部分を保護する目的で使用します。

古谷式筋ストレッチing

みなさん身体が柔らかいとよくて、身体が硬いとダメ

そんなことよく聞かないですが?

実はそれって間違いなんです。

一般的な身体が柔らかいというのは、関節も柔らかいと言われます。
これだと、怪我しやすいんです。
身体が硬いと怪我しやすいと言われますが、実は逆に怪我しにくいんです。

身体が硬い、柔らかいは世間一般的な話は、関節が大きく動くことを指しているように思います。

当院では関節というのは、ネジのようだとお話しさせてもらっています。
関節は柔らかいということは、身体を占めるネジが緩いことになります。
ネジが緩んだドアを想像してください。
ネジが緩んでいたら、ドアはガタつきませんか?正常に開ける、閉じるができないと思いせんか?

ネジが緩い状態で、相手選手と接触したら、ジャンプして着地したらどうなると思いますか?

当院では、バンクバーオリンピック、ボブスレーのトレーナーをされていた古谷先生の考案された古谷式筋ストレッチingを用いて身体のネジを、関節を締めることで痛みの改善、怪我の予防をすることができます。

例えば、オスグット、シーバー病など成長障害がこれに該当します。
詳しくは院長にお聴きください。

手技・マッサージ

痛めている組織や支えている筋肉に
刺激を与えることで、血行を促進させ回復力を高めます。

手技療法のご案内

患者さまと相談しながら患者さまの希望にあわせた治療を心掛けております。

☆手技療法は大きく分けて4つあります。

保険診療の範囲について

皆さんご存知ですか?
柔道整復師のいる整骨院にかかるとき、健康保険が「使える場合」と「使えない場合」があります。

日常生活やスポーツで捻挫や負傷をしたとき、あるいは同じ動作の繰り返しや間違った動作によって負傷したときなど、ケガや原因のある痛みについては健康保険が使え、「療養費」を受けることができます。
具体的には、外傷性の打撲や捻挫、骨折、脱臼、挫傷(肉ばなれ)が対象となります(骨折と脱臼については、応急処置を除いて医師の同意が必要な場合があります)。

一方、日常生活での単なる肩こりや筋肉疲労、体調不良などや、病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニアなど)からくる痛みやこり、過去の交通事故等による後遺症は対象となりません。

つまり、いつ、どこで、どんなふうにケガをしたのかが分かる場合、健康保険が適用されます。
一方、「ずっと前から痛いのです」、「いつの間にか痛みが出てきて…」のような慢性的な症状の場合は、健康保険が適用できない場合があります。
だから、整骨院へ行く際は、何が原因で負傷したのかをきちんと話すことが大切です。
ちなみに、仕事中や通勤途上に起きた負傷も健康保険の対象となりません。この場合は労災保険の対象となります。

まつさか整骨院は、院長が柔道整復師の国家資格を有していますので、健康保険が適用できる整骨院です。
だから、できるだけ患者さんが自己負担額を抑えて、治療頻度を上げて治癒に向かくサポートをするため、院長は患者さんから「いつ、どこで、どんなふうにケガをしたのか」を十分聴くなど、診療前のヒアリングを大事にしています。

だから、もし、身体に痛みを感じたら
「いつから痛み出したのか?」
「どこで痛みが発生したのか?」
「どんなふうに痛みが出てきたのか?」
が、あいまいな記憶になる前に来院頂き、治療を受けて頂いた方が、健康保険が適用で来て、自己負担額が抑えられてしっかり治せるようになるます。
痛みを感じたら先送りしないで、早めに来院されることをお奨めします。

皆さんの生活が少しでも豊かになればと思います。
まつさか整骨院 院長 濱口哲治を、今後ともよろしくお願いします。